健康に気を使い元気になるためのメモ

40半ばのおじさんがいかに健康でいられるかを考えたメモブログ

胡麻麦茶は効くのか

   

最近年のせいで、血圧が大変気になっています。そもそも40代で血圧が上で150、した90とかありましたからなおさら心配になりました。父親も脳梗塞で不自由な暮らしをしていますし、自分も家系から心配です。それで気になったのがサントリーの胡麻麦茶。

薬やサプリメント飲むより安いし、何しろ水分補給は必要だからいいですね。かなりレビュー多く載っていますので参考にしてください。サントリーの胡麻麦茶楽天ショップ↓

 

胡麻麦茶は効くのかというと、おそらく僕と同じように血圧に悩んでいる人が効いてほしいのは血圧でしょうから、血圧が高い人が落ちるのかですが、しっかり続けて、適度の運動、塩分控えめといった血圧上昇を抑える習慣をプラスするなら徐々に血圧も落ちていくでしょう。

なぜ胡麻麦茶で血圧が下がるの?

これは胡麻の素晴らしい成分のおかげですね。胡麻自体大変栄養価も高いですし、セサミンというサプリメントに代表されるように、ゴマは健康に良い食材なのです。

胡麻の成分が血液をサラサラにするというより、血管に作用して、血流を流しやすくする、もっと言うならホースを長年放置して直射日光などにさらしたりすると柔軟性が徐々に減っていきますね。そのうち裂けてきて使えなくなるのは想像できますよね。

同じように加齢が大きな原因ですが、血管も柔軟性を失い血流が悪くなるのです。そうなるとどんどん血圧をあげて全身に血液を流すように体はするのです。流れにくいからポンプを強くしてどんどん流す、これはどのようなダメージがあるのでしょうか。

柔軟性を失った血管に強い圧力をかけて血液を流すので余計に血管が詰まったり、傷んだりするのです。それが高血圧です。

ポンプを強くする、すなわち、血圧を上げないと全身に血流が流れないから、仕方ないことなのです。

これが高血圧の原因の一つ。だったら、血液をサラサラにする成分だけを摂っていても片手落ちですね。

血管本体を補修しないと正しい高血圧対策とは言えません。そこでトクホの胡麻麦茶の登場です。

胡麻麦茶は、胡麻ペプチドという胡麻を細分化した成分を含有しています。この胡麻ペプチドには、【血管を収縮する物質を生成する酵素】のはたらきを阻害し、血圧に効果のあることが確認されているのです。つまり血管を収縮する働きを持つ成分を抑えるということです。なるほど。収縮させないという効果があるのですね。

胡麻麦茶で副作用はないの?

サントリーの胡麻麦茶はトクホであり、 飲む量も定められています。この量を守るならまず問題ないでしょう。1日1本を目安に飲むものですが、1日3本飲んでも安全性は確認しているため、1日1本では副作用などまったく心配いらないでしょう。

血圧の正常な人には飲む必要はありませんが、特に害はないですし、おいしいと評判です。

血圧が気になるならまず1か月続けてみて、良い傾向が見えるようでしたら毎日1本をさらに続けてみて、安心生活を目指しましょう!

 - 血液関連