健康に気を使い元気になるためのメモ

40半ばのおじさんがいかに健康でいられるかを考えたメモブログ

ジクロテクトの感想レビュー

   

150歳現役プロジェクト

関節リウマチのため、ストレスや天候、手足を普通以上に使うと関節が腫れてきます。
医師の処方により、飲み薬で炎症や痛みを抑えていますが、それでも痛みが出るような時に少し楽になるのが、
大正製薬のジクロテクトシリーズです。

ジクロテクト製品は、第2類医薬品で含まれるジクロフェナクナトリウムという有効成分を含む関係で、
大きなドラッグストアで調剤薬局が入っているようなお店であっても、決められた薬剤師が常駐する店舗でないと販売を認められていません。
似たような商品構成の製品が数種類ある中、少し値段が高めですが、何種類か使用してみると、やはりジクロテクトの効き目が他より優れているような感じがします。

ジクロテクト製品は、大きく分けると、湿布のように張るタイプのテープ、液状で塗るタイプ、スプレーの3種類ですが、
関節リウマチによる痛みは、急な打撲や筋肉痛とは違うため、スプレータイプではなく、テープ又は塗るタイプの方が良いです。

テープは、普通サイズと大判の2種類があり、それぞれ切って使うこともできます。
通常の湿布薬とは違い、効果が長持ちするため、24時間終日貼って使用できるので、貼り変えによる肌への負担は軽めです。
粘着力は少し弱めなため、サポーターやケアテープで補強した方がしっかり湿布できます。

塗るタイプには、サラッとしたローションタイプとゲル状のチューブタイプがあります。
ローションタイプは、手を汚すことなく塗り重ねができ、時間をかけずに乾きサラッとしているため、毎日気を使わずに使いやすいです。
ゲルタイプは、痛みが気になる部分にこんもりと盛り上げるように厚塗りができるのが特徴です。
ローションより、消炎成分がたっぷり塗りつけられる感じです。
塗るのにベタついて手は汚れてしまいますが乾くとサラッとするのが、他製品に比べて優れています。
いずれも湿布剤特有の臭いはそれほどきつくなく、朝塗ったり貼ったりしてもほとんど臭いません。

ジクロテクトシリーズを楽天市場で確認する

 

ジクロテクトシリーズの注意、向いている人は

関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、手や手首の腱鞘炎、テニス肘などの痛み、筋肉痛、打撲、捻挫といった症状のある方におすすめします。ただし、妊娠中の方、15歳未満のお子様、ぜんそくを起こしたことのある方、本剤でアレルギー症状を起こしたことのある方は使用しないでください。

150歳現役プロジェクト

 - 関節の悩み