健康に気を使い元気になるためのメモ

40半ばのおじさんがいかに健康でいられるかを考えたメモブログ

ファイテンrakuwaネックレス

      2018/01/28

150歳現役プロジェクト

ずーと何年も愛用し続けているファイテンのrakuwaネックレス。兄貴金本バージョンX30。X30はチタン含有量が30倍多いってことで期待度も高いのかなと思います。

磁気ネックレスとの違い

磁気ネックレスは医薬品もあるため、効果も期待度も大きいと思います。ただ、磁気ネックレスをつけながら仕事が出来ない環境もあります。例えば精密な半導体工場などでは磁気ネックレスを禁止している場合もあります。

そこでファイテンrakuwaネックレス。

rakuwa

X30や、X50、最近では進化してX100なんているすごいチタン含有量の製品をファイテンは出してきています。

より期待出来るX100がいいでしょう。

機能的な違い

rakuwaネックはチタンを浸透させる技術により、身に付けることで心身ともにリラックス状態へサポートするということです。

ファイテンのチタンテープには動きをサポートと書いてあり、rakuwaネックも同様に動きをサポートするということでしょう。

それに引き換え、磁気ネックレスは、血行促進し、固くなった筋肉のこりをほぐします。医療用器具としても認定されているため、実際に効果があります。

すでに辛いコリがある場合は時期ネックレスがいいでしょう。

今後の予防保全、ファッション的に用いるならrakuwaネックでしょう。しかし自分も愛用しているし、多数のアスリートが愛用していることを考えると、薬事法問題で書けないのですが、効果があると心底思います。だから何年も使っているし、壊れても買ってしまうんです。来れないとちょっと不安ですよ・・・

多数のアスリートが愛用している

やはり有名なアスリートがもっぱら使っているというので、これはすごいと思います。何にも変化が無いものなんて付けます?普通の人から見て大変なトレーニングを行っている皆さんが使っているというのはやはり結果が出ているからでしょう。そういうわたしもかれこれ10年ほど愛用しておりますので。

実際に何が良いかというと、私自身年がら年中首を寝違えて、肩が上がらなかったり首が回らなかったりとつらい思いをしておりました。そんな時行きつけの整体院の先生が勧めてくれたのがチタンシリーズ。ファイテンのチタンテープを施術後に巻いてくれて、その後の経過がかなり良好だったことに商品を模索。結果ファイテンのrakuwaネックにたどり着きました。

さらにスポーツ仲間の友人知人のおじさん(60過ぎ)にファイテンのrakuwaネックを買ってくれと頼まれることが多いのもやはり効果がある証拠でしょう。

150歳現役プロジェクト

 - 体のコリ、はり