健康に気を使い元気になるためのメモ

40半ばのおじさんがいかに健康でいられるかを考えたメモブログ

咳が止まらない

   

150歳現役プロジェクト

風邪が癒えても咳だけ残ってしまいませんか?

1ヶ月も咳が止まらない。

まず数週間を超えたなら病院で診察をすることが大事ですが、どういった理由が考えられるのでしょうか。

多いのが気管支炎です。私も家族も、知人も咳が止まらないと大抵気管支炎になっていました。

医師の指導ですが、まず極力咳を出さないことが大事というのです。これはのどに刺激を与えないためで、咳が出るからといってドンドン咳き込んでしまうとデリケートな粘膜である喉、気管、肺胞と言ったところまで傷んでしまうというのです。

そうなると咳が止まらないのです。例を出しますと鼻血が出てきて、かさぶたができるたびにかさぶたを取っていると鼻血が止まりません。

同じ理屈で咳が止まらないから咳を続ける、そうなると結果一向に良くならないというのです。

咳を我慢する

我慢できる程度の咳でしたら意識して我慢しますが、辛くてどうしても咳き込んでしまうと言う場合は薬が大変大事なのです。

病院で処方される薬は眠くはなりますが、かなり効きますし、続けて飲むと驚くほど早く咳が止まります。経験上1ヶ月続いた咳が3日ほどで癒えました。

薬をのむことで喉の炎症を抑える、その結果咳が止まる、さらにその後に喉の炎症も治るということなのです。

だから、たかが咳だからという安易な考えは止めて、すみやかに病院で薬をもらいましょう。

声に注意

喉が痛くて咳も止まらず、しゃべりたくもない時ってあると思いますが、
極力しゃべらないほうがいいです。とは言っても生活している以上しゃべらないわけには行きません。

そこで普通の声でしゃべりましょう。声が出ないからといって囁き声では逆効果というのです。医師の指導でハッキリ聞きましたが、

囁き声をするくらいなら普通の声でしゃべりましょう。

ほっておくとポリープも

自分の経験ですが、咳を放置していて、あまりにひどいため病院へ行きました。その結果、

喉が真っ赤に炎症を起こし、声帯は真っ赤、さらに膿が付いている状態。ほっておくとポリープの心配もあるのできちんと薬を飲んで治してくださいと診断されました。

後に薬で1週間ほどでピタッと治りました。喉の炎症も、声帯の炎症も綺麗になりました。

150歳現役プロジェクト

 - かぜ