健康に気を使い元気になるためのメモ

40半ばのおじさんがいかに健康でいられるかを考えたメモブログ

立ち仕事の足の疲れを取るために

   

様々な立ち仕事がありますが、いずれも一定の足の疲れを生じるものだと考えられます。そこで以下に、立ち仕事によって生じた足の疲れを取る方法をいくつか挙げてみることにします。

まず第一に、足を高くして眠ることが大切になります。足を高くすることで血流が良くなり、同時に睡眠という疲労回復の最強ツールが、積み重なった足の疲れを取り去ってくれます。

長時間立ち仕事で、重力の影響により血流が足付近にとどまるため、睡眠時に足枕などで足を高くすることにより、そのとどまった血流を全身に戻してあげるので、価値ある方法ですよ。

また、温冷交代浴も効果的だと考えられます。自宅で湯船と冷水シャワーなどの組み合わせでも構いませんから、新陳代謝を促す温冷交代浴を試してみると良いかもしれません。もちろん、身体の状態を見ながら試してみることが大切なのは言うまでもありません。

加えて、自分であるいは家族などに、足のマッサージをしてもらうことも有効です。場合によっては、アロマオイルなども使いながら、リラックスタイムを作ることも良いでしょう。 ふくらはぎを優しくモミモミするだけでもかなり気持ちいいですよ。

いずれにしても、立ち仕事によって生じた足の疲れを取るためには、様々な方法があると考えられます。毎日それぞれが、頑張って取り組んでいる仕事が、これからも質高く継続できるように、適宜足の疲れを取りながら取り組みをしていくいくことが、何よりも大切なことだと考えられます。

 - むくみ関連