健康に気を使い元気になるためのメモ

40半ばのおじさんがいかに健康でいられるかを考えたメモブログ

デスクワークの肩こり対策

      2016/01/11

150歳現役プロジェクト

デスクワークを続けているとだんだん肩が辛くなってきて、夕方には重くなってきます。

ひどい時は眼精疲労や最悪吐き気なんかもします。

そこでオススメの姿勢は写真のごとくです。

この姿勢、仲の良い柔道整復師の先生から教えてもらいましたが、

デスクワークでパソコンを操作するときは肘がもうちょっと前に出ていますね。さらに姿勢も猫背になってしまいがちです。

さらにですが、頭の位置も首が前に出る影響で首がだんだん辛くなります。

正直通常の姿勢では3時間で限界でした。

しかし写真のような姿勢をとっていると8時間ぐらい大丈夫です、もちろん個人差ですが、劇的に肩がラクです。

 

肩がラクな理由とは

 

この姿勢ですと直立しているのと同じです。起立している上半身と全く同じ。なので肩はまっすぐ、非常に負担がかかりにくい姿勢と言えます。しかも首はまっすぐ、目線は若干下を向いています。

モニタの位置と目の位置が50センチくらい離れており、目の疲労も起きにくいです。

 

一度この姿勢を試してみるとわかります。デスクワーク全然怖くないですよ。

 

首のストレッチ

首をたまにゆっくり後ろに伸ばしてみると良いです。強く首を回さないように指示されました。その理由ですが、首はたくさんの神経が通っています。デリケートなんです。

 

そこを思い切り首を回したりすると、神経を痛めてしまうそうです。あくまでもゆっくりゆっくり首をストレッチする気持ちで動かしてください。

 

150歳現役プロジェクト

 - 肩こり