健康に気を使い元気になるためのメモ

40半ばのおじさんがいかに健康でいられるかを考えたメモブログ

甘酒のカロリーは?糖質も気になる。ダイエットにいいと聞くけど・・・

   

最近甘酒がダイエットに良いと評判です。飲む点滴などとものすごい言われ方をしている甘酒ですが、

あれほど甘いのだからカロリーが高そうですね。

甘酒はいいところばかり

ちなみに甘酒には2種類ありますよね。お酒の絞り粕を薄めて、砂糖を加えた甘酒と、

もち米と麹を入れてじっくり40度ほどで発酵させて作った甘酒。

前者は砂糖を加えないとおいしくないため当然砂糖を加えます。ですとダイエットや健康には微妙な判定。

ですから後者のもち米と麹で発酵させた甘酒がダイエットや健康に良いというのです。

あの甘酒、発酵させているからの甘みであり、自然の甘さなのです。カロリーはというと、

100㏄程度でしたらなんと80kcal程度です。

コカ・コーラが100ccで45kcalなので大体倍程度が甘酒のカロリーです。

コカ・コーラ100ccだけでは味気ないし、350のデブ缶くらい空けちゃいますよね。そうすると158kcalとなるので、それよりは甘酒のほうがカロリーは低いですね。

さらに甘酒、100cc程度でもお腹がまったり満腹感があるんですよ。コーラも同じように満腹感はありますが、甘酒はもち米が主成分なので実に腹持ちがいいですよ。100㏄で十分。初めは飲み過ぎちゃうので注意。100cc飲んでしばらく何も食べないと満足感が出てきます。

糖質や血糖値は

甘酒は自然の甘さと言っても、もち米が発酵するする際にできるブドウ糖が甘さの元なので、糖質は事実上ありますし、血糖値だって上げます。

だから飲み過ぎは注意であり、100cc程度がいいですね。

砂糖を加えていないから血糖値は急激に上がらないということはなく、あくまでも糖質を体に送っているので血糖値が上がるという認識は持っていましょう。

甘酒がダイエットに良い?

これは先出した情報と同じであり、腹持ちが良いゆえに他の食べ物を減らすことができるからです。

さらにいうと、甘酒は発酵食品であり、善玉菌も豊富で、オリゴ糖も入っています。これらは大変腸内環境に有用であり、お腹もスッキリしてきます。

そうすると溜めこむことも減り、当然ダイエットにも良いとなります。

 

おススメの甘酒の飲み方

 

美味しい飲み方はアツアツにして飲むのですが、これダメ!

アツアツですとせっかく40度ほどで発酵した善玉菌やら栄養素が壊れてしまいます。

 

なので、発酵しているぬるい温度で飲むか、逆にキンキンに冷やしちゃいましょう。アツアツじゃないのでおいしさが半減しちゃいますが、ダイエット目的で甘酒を飲むなら冷やして飲む。これ大事。

あと、最近何かと話題のレジスタンススターチ。甘酒もでんぷん質がたくさん入っています。米なので当然。

このレジスタンススターチとは、難消化性でんぷんという直訳そのままであり、でんぷんは本来消化吸収し、血糖値を上げますが、逆で、血糖値を抑えるものなのです。

甘い甘酒の血糖値を冷やして飲むことで抑えてくれる。だから太りにくいのです。5度前後の冷たい状態が一番レジスタンススターチの力を発揮します。

空腹感抑制や、血糖値抑制といいことずくめであり、甘酒も冷やして飲むとそのような恩恵を享受できます。レジスタンススターチをもっと詳しく知りたいならこちら→wiki

このように飲み方次第でダイエットにいいですね。

でもサプリメントでも手軽に甘酒パワーを享受できますよ。

甘酒美人酵素

 - 健康ドリンク